IUA便り

2016/01/12

新年の挨拶はいつまで?

寒中お見舞い申し上げます。

 

お正月気分も落ち着き

やっと日常に戻られた頃では

ないでしょうか。

 

2016年よりブログでは

「ワンポイントマナー」に力を入れてまいります。

研修での質問や日頃気になることを中心に

簡潔にお伝えできればと思っております。

 

さて、それでは今日の

<ワンポイントマナー>

 「新年の挨拶はいつまで?」

 

ビジネスの場でもプライベートな場面でも

今頃になると「明けましておめでとうございます」と

挨拶するとを躊躇してしまうことはありませんか?


新年の挨拶の時期に決まりはありませんが

「松の内」(1月7日)まで

「小正月」(1月15日)まで

「仕事始めから1週間」など

地域やビジネスシーンによって

様々ですが、そろそろ

「本年もよろしくお願いいたします」

だけでよい頃かもしれませんね。
(関西では「松の内」を

1月15日とする地域も多いようです)

 

ちなみに

年始の挨拶に伺う際の

手土産は1月7日を過ぎたら

「寒中御見舞」の表書きで

蝶結びの掛紙を使います。

 wrapping09-17.gif

 


「寒中見舞い」の書状については

次回、お伝えいたします。


皆様、本年も

よろしくお願い申し上げます。

 

 

  • 古賀敦子ブログ
  • facebook イメージアップアカデミー芦屋Facebookページ
  • 講演のご依頼はこちら
ページトップへ